日大通信H29.30年度 商学総論分冊1

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数176
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    H29・30年度合格レポートです。 参考程度にお使いください。 〈課題〉広告について説明し、広告が有効に活用されていると考えられる事例について論述しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    平成29-30年度 商学総論 分冊1
    ヒトが物を買うとき、商品価値があると考え、商品からもたらされる利益を得るためにその対価を支払うというプロセスを経ている。人々はまず商品に対して関心を持ち、商品を理解し、自分にとって適した条件を満たしていると判断したとき、欲求を生じて購買に至るのである。しかし、物がありふれた現代社会においては、一つの商品カテゴリーの中でも種類が多く、技術が向上し機能・性質の差異が少なくなったため、消費者が区別をつけにくくなった。それに加え、実際に商品の使用経験がない場合、商品価値を伝達することは容易ではない。そこで、企業の販促活動にとって広告の存在がより大きなものとなっている。企業は広告を活用して商品の情報化を行い、消費者に対してイメージによる購買意欲の喚起を図っている。年齢、性別、経済環境など消費者像は無限であり、ニーズは相対的であるが、広告によるブランド・イメージを先行させることで、商品の機能やデザイン以外の付加価値を認識させ、消費者がより自分の望んだ条件に合ったブランドを選択することができる。このように広告は、情報を発信する側の企業にとっては、多くの消費者に認..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。