相談援助のプロセスにおける留意点

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数31
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    満点の採点をもらったレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     相談援助の展開は、相談者との協働作業によって行われ、それは、信頼関係という礎に成り立つものである。
     そういった意味でも、私は、インテークを最も大切にしている。まず、他人に相談をすることは、非常に勇気がいるということを意識しながら、できれば相談者の生活環境(自宅や施設など)に身を置き、リラックスできる空間で、主訴を聞き取っていく努力をしている。それ故に、相談が電話の場合は、「お会いしてお話しができますか」という具合に、自宅訪問なりを促し、相手の表情やしぐさなども注意深く読み取るよう留意している。また、信頼関係を築く第一歩として、否定や批判、評論をせずに話を聞くことであり、自分の価値観を押し付..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。