E・Hエリクソンの心理社会的発達理論についての論述

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数72
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    満点の採点をもらったレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     エリク・エリクソンは、自らを「深刻化したアイデンティティ・クライシスに悩まされていた1)」といい、いつもアイデンティティ問題に悩まされていた。そのため、精神分析の研究を進める中でアンナ・フロイトに師事し、精神分析医としての訓練を受け、児童精神分析医となるに至る。エリクソンは、こうした経緯から心理社会的発達論においても「アイデンティティ」の重要性を説いている。
     エリクソンは、人間の人格はあらかじめ定まった8つの段階に沿って展開し進展するとし、この成長過程においては、遺伝的影響と環境からの影響との相互作用が含まれるとする。
     乳児期においては、「信頼か不信か」という感情を形成する。生後1年間で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。