エレンタールさん累積訪問者(512名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:30件

  • 中央大学 法学部 通信教育課程 2016年  国際法 第4課題
  • 主権免除とは、国家がその意思に反して、外国の裁判所の管轄権や外国当局による執行などに服することはないとするものである。国家が他国の裁判所において被告として司法管轄権の行使の対象となることを免除されるのが原則で、主権が免除の根拠であることから主権免除、あるいは主..
  • 540 販売中 2017/12/29
  • 閲覧(105)
  • 中央大学 法学部 通信教育課程 2016年 国際法 第2課題
  • 問題 国際司法裁判所(ICJ)と日本の国内裁判所の異同を多面的に整理し、最後に両者の違いが何に由来するか論じなさい。 国際司法裁判所(ICJ)は、オランダのハーグに置かれ、国連の主要機関のひとつであり、国連の司法機関として機能している(国連憲章7条1項・92項)。基..
  • 540 販売中 2017/12/29
  • 閲覧(114)
  • 中央大学 法学部 通信教育課程 2017年 西洋法制史  第4課題
  • 問題 トラディティオ(引渡しによる所有権の移転行為)およびウスカピオ(一定要件による占有物の所有権取得)ならびにプブリキアーナの訴え(ウスカピオ占有物の占有回復)について、関係を明らかにしなさい。(教科書のそれぞれの素材についての記述と法源蝋を参考にするとよい。) 所有..
  • 540 販売中 2017/12/19
  • 閲覧(220)
  • 中央大学 法学部 通信教育課程 2017年 西洋法制史  第3課題
  • 問題 西洋法制史を、形式主義と目的主義の対比でとらえることができる。たとえばシェークスピアのヴェニスの商人の4幕1場(ヴェニスの法廷)にみられる例がそうだ。任意の例をあげて論じなさい。(有効な契約には書面性が必要か?遺言の解釈(書かれたままか。真意を考えにいれるか)、..
  • 540 販売中 2017/12/19
  • 閲覧(51)
  • 中央大学 法学部 通信教育課程 2017年 西洋法制史  第2課題
  • 問題 ローマ法大全とローマ法がヨーロッパの法制にあたえた影響について考え記述しなさい。(なんらかの素材(契約など)をとりあげ具体的に考えることがのぞましい。) 古代ギリシャには双務契約があり、古代ローマにはコントラクトゥスがあり、ドイツにはフェアトラークVERTRAGがある..
  • 540 販売中 2017/12/19
  • 閲覧(52)
  • 中央大学 法学部 通信教育課程 2016年 日本法制史 第4課題
  • 問題  江戸時代の離婚制度について述べなさい。律令の離婚制度と比較してどのような特徴がみられるかにも注意して答えなさい。 律令における婚姻関係が解消される形態には、当事者の合意による離婚、夫の消息不明による離婚、法による強制離婚、夫の一方的意思による離婚の4種のも..
  • 540 販売中 2017/12/18
  • 閲覧(73)
  • 中央大学 法学部 通信教育課程 2016年 日本法制史 第3課題
  • 御成敗式目とは、鎌倉幕府の基本法典である。単に式目、式条とも呼ばれていたが、成敗のための式目という意味で「御成敗式目」 、「御成敗式条」と呼ばれ、「関東御成敗式目」「関東武家式目」「貞永式目」などの称も行われた。鎌倉幕府には、当初成文法を持たなかったが、源頼朝以..
  • 540 販売中 2017/12/18
  • 閲覧(59)
  • 中央大学 法学部 通信教育課程 2017年 民法5 第2課題
  • 問題 虚偽嫡出子出生届から生じる民法上の問題について論じなさい。 1、虚偽嫡出子出生届 虚偽嫡出子出生届とは、法律上婚姻関係にない男女関係に生まれた子供や血縁関係にない他人の子供(非嫡出子)を婚姻関係にある男女の間に生まれた子供(嫡出子)として出生届を行うことである。..
  • 540 販売中 2017/12/18
  • 閲覧(61)
  • 中央大学 法学部 通信教育課程 2017年 民法5 第1課題
  • 相続の「開始」により、相続によって生じる法律効果が発生する(民法896条)。自然人の財産法上の地位(権利・義務)を、その者の死後に特定の者に継承させることを「相続」という。例えば、不動産や車などの動産の所有権や、借金などの債務が継承されることである。その相続の資格..
  • 540 販売中 2017/12/18
  • 閲覧(54)
  • 中央大学 法学部 通信教育課程 2016年 民法2 第2課題
  • 問題  「取消しと登記」をめぐる判例理論を説明し、それを論評しなさい。 登記簿に記載されることを「登記」いい、遡及的に行為を無効にすることを「取消し」(民法121条)という。判例は、取消と登記の問題を巡って理論が二元的構成になっており、取消し前の第三者の場合は取消し..
  • 540 販売中 2017/12/14
  • 閲覧(74)
  • 中央大学 法学部 通信教育課程 2016年 民法2 第1課題
  • 問題  物件変動における公示の原則と公信の原則を説明し、その関係について論じなさい。 公示の原則とは、物権変動を第三者に主張するには外部から認識しうる一定の徴表的な形式が伴わなければならないとする原則である。例えば、ある人がある物について所有権を取得すると、別の人..
  • 540 販売中 2017/12/14
  • 閲覧(64)
  • 中央大学 法学部 通信教育課程 2016年 民法1 第2課題
  • 問題 「未成年の行為能力につき論じなさい。」 未成年とは、二十歳未満(民法4条)の者のことである。行為能力とは、単独で確定的に有効な法律行為を成立させることのできる地位・資格のことである。  未成年者は行為能力を制限されている制限行為能力者である。原則、未成年者が..
  • 540 販売中 2017/12/14
  • 閲覧(64)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?