自然地理学概論分冊2

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数68
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通信のなかでも難関科目の合格済みレポートです。丸写しは厳禁です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    自然地理学概論分冊2
    1 はじめに 本稿では、チェルノジョームを例に成帯土壌と基礎的土壌生成作用との関係につい
    て考える。
       まず、成帯土壌とは、気候帯や植生帯の影響をうけて帯状に分布する土壌をいう。これに対
    し間帯土壌とは、母岩が風化・分解してできた土壌で、母岩の性質を強く残しているものをいう。 
     これらの作用のすべてを、風化作用も含めて土壌生成作用という。
     土壌生成作用には、(1)土壌の無機成分の変化のグループ、(2)土壌の有機成分の変化のグ
    ループ、(3)土壌物質の移動のグループ、(4)土壌物質の物理的変化のグループの4つに大別
    される。これらの変化のグループにはそれぞれいくつかの型が含まれ、これらの型を基礎的土壌
    生成作用とよぶ。
     チェルノジョームは、温帯から冷帯にかけてのステップ地域に発達する。ユーラシアでは、ウクラ
    イナからシベリアに帯状に分布するほか、カのグトプンズ、のパンパにも
    分布している。ので。
     チェルノジョームは、壌の有機成分の変化グループの作用をうける。
    Ca

    Al

    どとして化さ物質がこともこのさようにとなる。壌の移動のグルー
    プの作用をうけ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。