自然地理学概論分冊1

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数73
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通信のなかでも難関科目の合格済みレポートです。丸写しは厳禁です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    自然地理学概論分冊1
    1 はじめに 本稿では、関東平野の地形発達史について述べる。どのような経緯を経て現在の
    地形ができたのであろうか。
     まず、地形区分とは、標高の高い順に丘陵、台地、低地と呼ばれる土地の区分をいう。関東地
    方の地形は、山地、丘陵、台地、低地に大きく区分される。この中で、台地はさらにいくつかの段
    丘として細分化されている。段丘の区分には、関東地方の西部に位置している火山から噴出した
    テフラ(関東ローム層)が有効である。
     関東平野の基盤は、三浦層群、上総層群などとよばれる第三紀の地層である。これは、周辺の
    山地が侵食され、砂泥が厚く堆積したものである。第四紀になると、氷期と間氷期の繰り返しにとも
    ない、100mに及ぶ海面の上が起こり、現在から3海面上には関東平
    野の大部分が海なった(。このに形れた地層が、その上
    に堆積した火山灰を総て吉ローム層とよんでいる。
     その海面はなを繰り返しながらし、地、海食台であっ
    たところは段丘になった。このにも野ローム層、ローム層などの火山が堆積し
    た。
     現在から地は、の氷期ので、もともと海にあった氷して
    にためれた、海が、海面がした..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。