佛教大学 Q0103 西洋の歴史 第一設題【2017年度 合格 リポート】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数728
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信課程の、西洋の歴史(Q0103)のリポートです。
    コードが異なる場合も、設題が同じなら参考にしていただけるかと思います。

    2017年度にC判定で合格しました。不十分であったところは、添削担当者からのコメントをリポート最後に記載してましたので、リポート作成の際に役立てていただけると幸いです。

    リポートの丸写しや大部分を写しての作成は一切禁止されていますので、あくまでも参考用にご利用いただける方のみご購入ください。
    学習の手助けになれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    テキスト『古代地中海世界の歴史』について。
    古代地中海世界はどのように形成、発展したのか。また後世にどのような歴史的影響を与えているといえるのか。テキスト全体を意識しながら論じなさい。
    はじめに
    古代地中海世界とは地中海周辺での文明の起こりから西ローマ帝国の滅亡までを指す。メソポタミア文明は世界最古の文明であり紀元前3300年頃に起こったとされている。その後、紀元前3200年頃にはエジプト文明が、さらには紀元前2000年頃のクレタ島ではクレタ(ミノア)文明が誕生した。古代地中海世界はメソポタミア、エジプト、ギリシア、ローマなどで誕生したさまざまな文明が互い影響し合うことで形成され発展を遂げた。本リポートでは古代地中海世界がどのように形成され発展を遂げたのか、また、後世にどのような歴史的影響を与えているのかを考察する。
    古代オリエントの形成と発展
    人類最古の文明は紀元前5000~4000年頃のオリエントで発生したとされている。オリエントとはメソポタミアと地中海沿岸のエジプトからアラビア半島の地中海岸とを合わせた地域である。メソポタミアとは現在のイラクをほぼ南北に流れペルシア湾に注ぐティグ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。