明星大学 生徒進路指導論 PC3050 1、2単位目 2015~2017年度

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数145
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 生徒進路指導論 PC3050 1、2単位目 2015~2017年度のレポートになります。

    特に指摘もなく、1回で合格を頂いたレポートになります。

    少しでも学習のお役に立てればと思います。

    1単位目
    生徒を取り巻く現代社会の多様性、急速な変化、生徒の成長発達を踏まえたうえで、教科指導や学級活動、特別活動等において、「生きる力」「自己指導(能)力」の育成をどのように考え、指導に臨めばよいか、考えをまとめなさい。
    2単位目
    次の項目のどちらかを選択し、問題行動に対する生徒指導のあり方に言及しなさい。
    ①反社会的行動 ②非社会的行動

    参考文献
    「生きる力が育つ生徒指導と進路指導」・松田文子・高橋超・北大路書房・2002

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1単位目
    生徒を取り巻く現代社会の多様性、急速な変化、生徒の成長発達を踏まえたうえで、教科指導や学級活動、特別活動等において、「生きる力」「自己指導(能)力」の育成をどのように考え、指導に臨めばよいか、考えをまとめなさい。
    生徒指導は、教育課程に基づく指導とはみなされていないため、学習指導要領においては指導内容や到達目標等は示されていないが、指導計画作成などで配慮すべき点として、「教師と生徒及び生徒相互の好ましい人間関係を育て、生徒が主体的に判断、行動し、積極的に自己を生かしていくことができるよう、生徒指導の充実を図ること」とされている。この配慮すべき点の中の”主体的に判断し、行動し、積極的に”の具体的な目標が、「生きる力」、「自己指導力」である。
    生徒は発達段階から言って、自我に目覚め、自己を確立していく段階であり、「自分とは」の自問に始まり、自分の存在意義、自分の意志、自分の人生の目的について悩み苦しむ。また、現代では、物質的に豊かで便利な社会となっており、多様化された価値観や画一化された人間観のもとで生まれ育った子どもたちは、わずかな不安や不満を抑制できず、感情易変で攻撃性が高く..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。