P6509 西洋文学史 科目試験

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数26
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    P6509 西洋文学史の科目試験、予想問題をまとめたものです。
    この問題が出題され、100点で合格済みです。
    ①フランス人気質や性格にまじりあっているといわれるエスプリ・ゴロワとエスプリ・クルトワについて説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    佛教大学 P6509 西洋文学史 科目試験 
    (①の問題が出題され、100点で合格済み)
    ①フランス人気質や性格にまじりあっているといわれるエスプリ・ゴロワとエスプリ・クルトワについて説明しなさい。
    ② ユマニストたちと16世紀のフランス文学との関わりについて述べなさい。
    ③アカデミー・フランセーズの起源について述べ、17世紀に行った文学的活動について述べなさい。
    ④ヴォルテールとルソーの文明観、人間観、社会観を比較しなさい。
    ⑤19世紀に栄えたロマン主義と写実主義の文学の特徴を述べなさい。
    ⑥アポリネールの『チレジアの乳房』はシュールレアリスムの最初の戯曲といわれるが、シュールレアリスムとはどういう文学的運動か
    参考文献
    渡辺一夫・鈴木力衛著『増補 フランス文学案内』岩波書店、2006
    ①フランス人気質や性格にまじりあっているといわれるエスプリ・ゴロワとエスプリ・クルトワについて説明しなさい。
    今のフランスはその昔ゴール(ガリア)と呼ばれていた。エスプリ・ゴロワのゴロワはゴール(ガリア)の形容詞であるため、エスプリ・ゴロワとはゴール人気質という意味である。それは、とにかく豪快明朗で、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。