P6504 比較文学 設題2 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数28
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    A判定で合格済み。
    【第2設題】
    分身小説(文学)にはどのようなものがあるか。作家名、作品名、梗概(あらすじ)、作品の影響関係などをまとめなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     分身小説(文学)にはどのようなものがあるか。作家名、作品名、梗概(あらすじ)、作品の影響関係などをまとめなさい。
     十八世紀から十九世紀にかけ、ヨーロッパ各地で浪漫主義という文学運動が展開された。浪漫主義は合理主義が排除した非合理の部分に目を向け、個人の自由な感情を解放しようとした。しかし浪漫主義は過度の空想性が批判され、リアリズムに変わる。近代化が進む社会情勢から、人々は孤立して自意識過剰となり、都市では他者との関係が難しくなり人々は孤立した。その結果、自己を客体化し分身を生みだすと同時に、他人の正体を探ろうと懐疑の視線を向け、探偵が生まれた。さらに、世紀末に近づくと、退廃感からより強い刺激が求められ、懐疑性と怪奇性の強い探偵や分身を生んだ。このような時代背景から分身小説は生まれた。以下に、分身小説に含まれる作品と影響関係について述べた後、現代社会における分身について考える。
    エドガー・アラン・ポーは明らかに分身である「ウィリアム・ウィルソン」や「アッシャー家の崩壊」を書き、ロバート・ルイス・スティーブンソンは『ジキル博士とハイド氏』という分身物語を書いた。そして、夏目漱石は探偵要..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。