P6504 比較文学 設題1(A判定)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数24
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    A判定で合格済み。
    設題①
    比較文学研究の方法にはどのようなものがあるか。研究対象となる作家名、作品名を例示しながら説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    比較文学研究の方法にはどのようなものがあるか。研究対象となる作家名、作品名を例示しながら説明しなさい。
     「比較文学」とは、国際的、学際的視座から、文学現象や文学関係の歴史を研究する学問であり、その研究方法は大別して「影響」と「対比」がある。「影響の研究」については、影響を与える発動者側、影響を受ける側、その間の仲立ちをする「媒介者」がある。まず、それらに主体をおいた方法と、「対比研究」について述べる。その後、研究方法の今後の発展について考えを述べる。
    一、影響の研究
    「影響の研究」は、ある国の作家や作品、そして文化などが他の国の人々に与えた影響を立証する実証的なものである。フランスではこの研究方法が中心であったため、最も伝統的な方法といえる。そしてこの研究方法は三つに分けることができる。まず、影響を与える側に主体をおき、発動者である作家の世界観、人生観、または芸術観が他の国でどのように受け入れられ、理解され、解釈されたかを研究する方法がある。亀井俊介の『近代文学におけるホイットマンの運命』(一九七〇)では、ウォルト・ホイットマンが本国アメリカやヨーロッパ、および日本にどのように受け入..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。