更生保護制度 A評価(社会福祉士養成課程)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数112
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    平成29年度社会福祉士養成課程を終えました。社会福祉士養成課程でA評価だったレポートを加筆、修正したものです。レポート作成の参考にしてくださ。約1400字で書き上げています。
    〈レポート題目〉近年、なぜ司法分野に社会福祉士が必要とされるようになったのか、受刑者の動向をふまえて論じなさい。
    〈評価〉Aを頂いています。
    〈使用テキスト・参考文献〉社会福祉士養成講座編集委員会編「新・社会福祉士養成講座 第20巻 更生保護制度」中央法規

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    昨今、福祉と司法分野の連携が進んでいる。要因としては、「犯罪性」に加え
    て障害や高齢である「重複・並存障害」ともいえるハンディキャップを抱えたも
    のによる犯罪、特に再犯罪の深刻化である。そこで 2009 年から「高齢、または
    障害により自立が困難な刑務所出所者に対する社会復帰支援事業」が始まり、更
    生保護施設に福祉の専門職が配置され、各都道府県に「地域生活定着支援センタ
    ー」という連携組織が設けられた。今後、司法と福祉の連携ニーズは高まると言
    える。
    現在の更生保護制度は、1949 年に制定された「犯罪者予防更正法」によって
    誕生したものであるが、警察、検察、裁判、矯正の諸制度と並んで刑事司..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。