【S0619】A判定 生活科教育法レポート 佛教大学【2018】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数265
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学生活科教育法A判定レポートです。
    2018年度に提出し、合格もらっています。

    文部科学省発行の学習指導要領を参考文献とし書いています。

    不正に対してペナルティがありますので、参考程度でお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生活科の3領域「学校、家庭及び地域の生活に関する内容」「身近な人々、社会及び自然に関わる活動に関する内容」「自分自身の生活や成長に関する内容」のそれぞれについて、テキスト内容に触れて指導のあり方を考察しなさい。
    (1)生活科の理念と学習指導要領の方向性に基づく指導上の留意点
     生活科における理念とは、教科目標に表わされている。生活科の教科目標は、学習指導要領によって以下のように示されている。
      具体的な活動や体験を通して、身近な生活に関わる見方・考え方を生かし、自立し生活を豊かにしていくための資質・能力を次のとおり育成することを目指す。
    (1)活動や体験の過程において、自分自身、身近な人々、社会及び自然の特徴のよさ、それらの関わり等に気付くとともに、生活上必要な習慣や技能を身に付けるようにする。
    (2)身近な人々、社会及び自然を自分との関わりで捉え、自分自身や自分の生活について考え、表現することができるようにする。
    (3)身近な人々、社会及び自然に自ら働きかけ、意欲や自信をもって学んだり生活を豊かにしようとする態度を養う。
    新学習指導要領では、これまで一文だったものに(1)(2)(3..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。