【明星通信】法律学概論1(PE2060) _ 2単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数43
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 教育学部 通信教育課程、標題科目の合格レポートです。

    これまで全て一発合格で、本レポートも高評価をいただきました。
    通信という孤独な環境下で勉学に励んでおられる皆様のお役に立てれば幸いです。

    【課題】
    日本国憲法における基本的人権の保障について論じなさい。

    他、随時アップロードしておりますのでよろしくお願いします。
    資料室 → http://www.happycampus.co.jp/docs/930771627526@hc18/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <法律学概論 1(PE2060) _ 2 単位目 合格レポート>
    【課題】
    日本国憲法における基本的人権の保障について論じなさい。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    【レポート本文】
    日本国憲法 11 条では、「国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民
    に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へら
    れる。」と定められている。また、97 条においても同様の趣旨が明記されており、いずれも現行
    憲法下においての基本的人権を保障している。これらは人間として生まれながらに当然有する権
    利として国民に与えられたものであり、法律によっても侵すことのできない権利として絶対的に
    保障されるという考えを示したものであるが、一方、我々が社会生活を営む以上、人権もまた社
    会との関係を無視することはできない。人権を行使することで他人の人権を侵害する場合も当然
    想定され、その場合には「公共の福祉」の名の下に基本的人権が制約されることがある。これは
    憲法 12,13,22,29 条に明文化さ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。