家族法02

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数38
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本福祉民法女性社会発達法律家族子供

    代表キーワード

    民法家族法婚姻制度

    資料紹介

    東北福祉大学 通信教育の提出レポートです。

    科目「家族法②」

    課題「第3章の「日本の婚姻制度」について以下の内容を具体的に論じてください。
    (1)再婚禁止期間について、(2)夫婦同氏の原則について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    - 4 -
    家族法 2単位め
    (課 題)
    第3章の「日本の婚姻制度」について以下の内容を具体的に論じてください。
    (1)再婚禁止期間について、(2)夫婦同氏の原則について
    (解 答)
    婚姻とは、社会的に承認された、継続的な男女の性的結合であり、一般には特定の規範
    に基づく同棲関係と経済的協力を伴う社会制度である。当事者間に精神的・肉体的共同生
    活を伴うのが普通であるため財産関係と異なり、一旦成立した婚姻関係を原状回復すると
    いうことは不可能である。つまり戸籍に傷がつく(×がつく)。
    では、婚姻の取消について、法定の原因がある場合に、一定の者の請求により、裁判所
    の手続きを経て行われ、その効果は原則として、将来に向かってのみ認められている。取
    消原因には、不適齢者の婚姻、重婚、再婚禁止期間の女性の婚姻、違法な近親婚がある。
    再婚禁止期間について、女性は原則として、離婚から6ヶ月を経過した後でなければ再
    婚することができない。これは、民法 733 条第1項に「女は、前婚の解消又は取消しの日
    から6ヶ月を経過した後でなければ、再婚をすることができない」とされているからであ
    り..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。