ケアマネジメント論02

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数39
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    東北福祉大学 通信教育の提出レポートです。

    科目「ケアマネジメント論②」

    課題「ケアマネジメントにおけるアセスメントとケアプランについてそれぞれの意味,特徴,必要性,役割を説明してください。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    4
    ケアマネジメント論 2単位め
    (課 題)
    ケアマネジメントにおけるアセスメントとケアプランについてそれぞれの意味,特徴,
    必要性,役割を説明してください。
    (解 答)
    ■アセスメント(利用者の情報収集と課題分析)とは、利用者との対話を通して、利用
    者特有のニーズ(解決すべき課題)と関心事(目標)を発見し、ケアマネジメントを個別
    化するための主要な手段であるとされる。つまり、要援護者を社会生活上の全体的観点か
    らとらえ、現時点での諸種の問題点やニーズを査定・評価することであり、ケアマネジャ
    ー(ケアマネ)は要援護者との信頼関係を確立しながらアセスメントを展開していく。顕
    在的ニーズの確認と潜在的ニーズの発見の場である。アセスメントは一定のアセスメント
    ツールや手法・方法等決まったものにガツガツ入力するのではなく、様々なアセスメント
    方法から導かれる問題点等を考慮し、提案するものである。大きく分けると、「ニーズ
    (課題)」、「長期目標 」、 「短期目標 」、 「ケア項目 」、 「サービス種類」の5項目の確
    認と把握が大切である。
    アセスメントの特徴として7つの過程があり、1..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。