W0516_心理学2

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数86
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    B評価です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)
    W0516 心理学
    設題 2:『性 格』につ いて、理 論と 性格の 理解(ア セスメン ト)の観 点か
    ら まとめ よ。ア セス メント につい ては、テレビ や雑誌 などで 使われ る「心
    理 テスト 」と も関連 づけて 説明す ること 。
    ・ 性格と は
    オ ー ル ポ ー トは( Allport,G,W.)は 性 格を 、「環境 に対し て個人 が持 っ
    て いる独 自の 適応の 仕方を 決定す るも のであ り、複 数の心理 システ ムと
    生 理シス テム により 構成さ れた、 個人 内にあ る力動 システム 」と定 義し
    て いる。 この 定義は 性格が 環境に 対し て適応 する人 間の行動 や意識 、態
    度 などの 総合 的なシ ステム である ことを 強調 してい る。
    レ ヴ ィ ン( Lewin,K.)は 、ゲシ ュタル ト心理 学の立 場か ら、環境と の
    相 互作用 を伴 うこと が性格 の形成 に大 きな影 響を与 えるとし ている 。人
    間 の行動 が、 欲求と その人 がいる 現在 の生活 空 間と の間の相 互作用 によ
    り 規定..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。