保育内容A・健康レポート①

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数78
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    <2018年合格>明星大学通信 PB3150 保育内容A・健康 合格
    レポート1単位目
    幼児期における運動遊びの指導上の留意点について述べなさい。

    **講評**
    子どもたちの興味や発達に合わせて、環境が構成できるようになりたいですね。

    →参考文献を充実させ作成しましたので、比較的高評価を頂けたかと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    保育内容
    A
    ・健康レポート①
    幼児期における運動遊びの指導上の留意点について考察する。
    運動遊びとは、活発に体を動かすことを中心とした遊びと捉えられる。
    運動
    遊びは四肢の発達や心肺の機能の向上など、身体的発達や精神的な成長を促進
    することに寄与する。
    保育の現場において、安心できる環境の中で充分に自己発揮をすることが、
    幼児期の子どもの成長にとって最も重要なことである。幼児にとっては、30
    センチ程の高さからジャンプすることが時として遊びになる。
    例えばこのよう
    な状況の時、保育者が安全管理の立場から注意を先行させてしまうと、遊びの
    盛り上がりや発展は無くなってしまう。保育者は日常の小さな遊びの発見に共
    感しつつ、危険があるのであれば、より安全に楽しく遊べるように援助して行
    くことが必要となる。
    また保育者は遊びの中で、常に子どもたちが主体的に遊
    べるよう援助していくことが必要であり、時には子どもと同じ目線で遊びを楽
    しむこと、子どもたちだけで遊べるようになれば手を引いてみることも重要と
    なってくる。
    運動遊び
    では、十分な運動量を確保することも重要になってくる。例
    えば、
    一斉活..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。