音楽科指導法第二分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数141
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2018年度玉川大学通信教育学部に在籍中に作成した、音楽科指導法の第二分冊のレポートです。
    参考にしていただけると嬉しいです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    特別活動における音楽の取り組みについて、どのような取り組みが考えられるか述べた
    い。
    音楽と関連させた特別活動として考えられるのは、一日の学級活動の中で、クラスでの
    合唱を織り交ぜる活動である。本稿では、①朝の会での「にじ(作詩:新沢としひこ/作
    曲:中川ひろたか)」の合唱、②給食前の「いただきます!ごちそうさま!(作詞:鈴木
    竹志/作曲:堀井勝美)」の斉唱、帰りの会での「帰りの会のサンバ(作詩・作曲:中山
    真理)」の斉唱について考えていく。対象とする学年は、小学校 3 学年である。教育目標
    は、いずれにおいても「クラスメイトとの関わりを意識して、それぞれの時間に取り組む
    けじめの意識を持つことが出来る」である。まず、これらの場面、曲を選んだ理由を説明
    する。小学校の中で、児童が最も関わりのある集団は、共に生活をしていくクラスメイト
    である。クラスメイト同士の関わりは、児童にとって学校生活の中心であり、それによっ
    て生活が左右されるといっても過言ではない。学級担任が意識して、学級の雰囲気を児童
    にとって健全で快適なものにすることが大切である。そこで音楽の持つ特性を利用するこ
    とが出来..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。