特別活動の指導法(1単位目)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数50
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    特別活動の指導法(1 単位目)
    【なぜ、小学校教育の中で特別活動が必要なのか、その教育的意義について述
    べよ】
    戦後の特別活動は、戦後特別教育活動として最初、学習指導要領では教育外
    の活動として編成されていたが、その後、学習指導要領の改訂により教科以外
    の諸活動が教育的な意義が認められるようになり、教科外課程として教育課程
    に含まれ学校における教育課程編成の主要な領域を占めることとなった。つま
    り、学校教育において教育活動の重要な部分をなすものとされ、各教科、道徳、
    外国語活動、総合的な学習の時間などと同じような位置づけになり、教育課程
    を編成するものとなった。その特別活動について小学校教育における必要性に
    ついて特別活動が果たす役割等の面から述べてみる。
    まず、特別活動は教育課程の中に位置づけられており、児童の人間として調
    和のとれた育成を目指す学校教育の重要な一翼を担うものである。そして教師
    には、特別活動の役割である「望ましい集団活動を通して、心身の調和的な発
    達を図るとともに、個性を伸長し、協力してよりよい生活を築こうとする実践
    的な態度を育てる。」ことを達成するための指..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。