事例検討①-2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,655
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    居宅介護支援経過記録
    日  時 本人の状況・変化 援助者の働きかけ 分析・考察・所感
    2006/12/12 前任ケアーマネジャーと初回訪問実施:現在の介護保険サービス利用状況等について 初回訪問アセスメント行う。本人にお会いし 長兄の話から弟と実母の介護に疲れている様子が
    説明受ける。初回アセスメント実施、長兄「自然排便がないため週2回訪問看護にて 身体状態確認、家族の意向についても 伺われる。介護サービス事業所の連携を蜜にし在宅
    排便コントロールして頂いています。また、できるだけ自分のことは自分でやって お聞きし今後について検討する。 での生活を支援していかなければと考える。
    欲しいため、リハビリをお願いしています。入浴についても介助受けています。母親も
    介護が必要で大変です。」
    本人「こんにちは」と返答下さるが、ベットで休んでおりすぐに「もう帰って」と本人。
    2006/12/22 在宅訪問実施:全身状態特にお変わりなく過ごされている。居宅介護支援重要事項 来月のプランについて相談に伺う。 前任ケアーマネージャーから引き継いだ利用状況と
    説明書・契約書について、ご説..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。