事例検討①-1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,135
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    事例タイトル  統合失調症の利用者と家族へのかかわりについて
    事例提供者:○○○○在宅介護支援センター
    ○・○
    検討日:平成19年11月20日
    援助期間 平成19年1月1日より前居宅介護支援事業所の業務廃止に伴い、
    当事業所にて業務引継ぎ行い、現在に至る。
    この事例により話し合いたい内容:
    統合失調症の本人とのかかわりの難しさと本人への家族の関わりについて、ケアマネージャーとしてどのように支援して行けば良いのか・・・ 
    利用者情報
    氏  名:  W ・ T  氏  生年月日: 昭和18年7月26日生(64歳)
    性  別:  男 性
    家族構成: 母(96歳)要介護3・長兄との3人暮らし。 近隣他市に次兄在住
    経済状況: 共済年金
    相談経緯:
    平成18年12月 前居宅支援事業所業務廃止に伴い業務引継ぎの連絡頂く。
    平成18年12月12日 前ケアマネージャーと訪問実施、本人・長兄とお会いし今後について相談行う。統合失調症を20歳頃より発症し、現在気分のムラもひどく興奮し大声を出すことも多く見られる。母親も介護を要する状態であり、主介護者長兄の介護負担も大きい。通院や介護面は他市に住む次兄が手..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。