【補足性の原理】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数7,004
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【補足性の原理】
    「保護の補足性」とは、生活保護に必要な費用が国民の税金によってまかなわれているため、生活保護を受けるためには、各自が自分のもっている能力に応じた最善の努力をすることが先決である。
    ①生活困窮者がその利用し得る資産、能力その他あらゆるものを、その最低限度の生活の維持のために活用することを要件とし保護が行われること(法第4条第1項)。土地、家屋、動産といった資産については売却のほか、賃貸等によって収益をあげることをもって活用されていると判断すべき場合もある。能力については、例えば法第60条に被保護者の生活上の義務として「能力に応じて勤労に励む」ことが規定されており、就労の能力があ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。