【高齢者に特有な病気、認知症】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数956
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【高齢者に特有な病気、認知症】⑩
    認知症とは「脳の後天的な障害により、いったん獲得された知能が持続的にかつ比較的短期間に低下し、日常生活に支障を来している状態」と定義されている。わが国では、70歳代の2~7%、80歳代の20~25%が認知症であるといわれている。50%がアルツハイマー型痴呆で次いで脳血管性痴呆が多く、認知症の大部分を占める。現時点では認知症は除々に進行し元に戻らない。
    アルツハイマー型痴呆は高齢者の認知症で最も多く、脳細胞の変性(脳の萎縮)に起因するもので、現在のところ原因は判明していない。発病すると記憶力の低下が目立ち、古い記憶も徐々に障害される。やがて判断力・理解力も低下し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。