【諸外国の社会保障】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数632
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【諸外国の社会保障】②
    アメリカの年金制度について一般制度である老齢・遺族・障害年金と、公務員、鉄道職員など一定職業のみ対象とする個別制度とに大別される。日本同様、高齢化による将来の支出増加が心配であり、社会保障税の積み立て段階的に67歳に支給引き上げる対策も行っている。医療保険は、先進国のなかで唯一、国民全体を対象とする公的医療保障制度が存在せず、現役世代は民間医療保険に加入している。介護制度は日本のような公的介護保険制度は存在しない。医療の範疇に入る一部の介護サービスがメディケア及びメディケイドがカバーしている。公的扶助は日本の生活保護制度のような包括的な制度はなく各制度が分立し州政府独自..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。