「福祉多元主義」という考え方と、その中で福祉サービスの供給主体とされている、②老老介護支援具体的に論じてください。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,188
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士レポート:ご参考までに。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「福祉多元主義」という考え方と、その中で福祉サービスの供給主体とされている4つのセクターについて簡潔に説明するとともに、①東日本大震災の被災者支援②老老介護支援③こども虐待の予防④ホームレス支援⑤知的障がい者の地域での自立生活支援のうちどれか1つを選び、それぞれの支援を展開するにあたって、各セクターがどのような役割を果たすべきかについて(あなた独自の判断で構わないので)具体的に論じてください。
     福祉多元主義とは、福祉・保健サービスの供給が行政、ボランタリー(非営利民間)、営利、インフォーマル部門の4つの異なった供給主体が多元的に供給するという考え方である。
    1、政府セクター(法定部門、公共部門)国や地方自治体(都道府県・市町村)が中心となって福祉サービスを供給するものである。
    2、インフォーマルセクター(非公式部門)家族や近隣社会、あるいはコミュニティなど、人々の自発性に基づいて提供されるような福祉サービスであり、町内会、自治会、老人クラブ等がある。
    3、民間(営利)セクター(市場部門)株式会社や有限会社によって市場ベースで提供される福祉サービスである。
    4、ボランタリーセクター(民..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。