地域福祉における主要な人物と業績等を織り交ぜながら「地域福祉の変遷」について考察しなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数363
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士レポート:ご参考までに。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地域福祉における主要な人物と業績等を織り交ぜながら「地域福祉の変遷」について考察しなさい。
    アメリカの地域福祉の変遷について、述べていくこととする。
     欧米における地域福祉の源流は、19世紀後期のロンドンにおける慈善組織化運動やセツルメント運動などにうかがえる。
     1860年代のイギリスは、資本主義体制が確立し、貧冨の差が広がり貧因者や孤児が急増した。何もせずに施しを受ける人々が多くなり、これらの無秩序な施与を防止するため、1869年にイギリスで結成されたのが「慈善的救済の組織および乞食抑圧のための協会」後にCOSと略された慈善組織協会である。
    ロックの指導の下で進め、貧民への個別訪問指導活動「友愛訪問」も行なった。
     セツルメント運動は、貧因地区に移り住みとりわけ貧困に苦しむ人々に対して直接触れ、生活を共にすることによって、住民が抱える課題や必要とする援助を行っていく運動である。1884年バーネットにより世界最初のセツルメント「トインビー・ホール」を貧困・老人などの社会的弱者の施設として設立した。
    これらの運動はアメリカに渡り、慈善組織化運動は1887年にアメリカのバッファローに移入..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。