相談援助演習 相談援助実践における「自己決定」について私見を述べなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数438
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士レポート:ご参考までに。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    相談援助実践における「自己決定」について私見を述べなさい。福祉現場の方は、できるだけ自身の業務体験を踏まえてまとめること。福祉現場以外の方は、自分の考えを自由にまとめて下さい。
    私は現在、介護保険法にある居宅介護支援事業所で介護支援専門員として働いており、相談援助実践における「自己決定」について私見を述べていきたい。
     自己決定とは、一般的に他人を害さない限りで、自己の私的な事柄について自由に決定する権利、自己の判断に基づき好きなことをなしうる権利、個人個人が自ら「善い」と信じる生き方を追求する自由といわれる。
    この自己決定権は、憲法第13条「すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。」とあり、憲法上の保障が及ぶと考えられている。
    誰しも、「自分のことは自分で考えて決める」、「自分で決めたことは自分で責任を取る」という気持ちを多少なかれ持っているのではないだろうか。近代民主主義の原則として当然のこととして扱われている。
    また社会福祉においても「自己決定」は、F・P・バ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。