相談援助の理論と方法 ソーシャルワークにおけるインテークの重要性について論じなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数936
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士レポート:ご参考までに。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ソーシャルワークにおけるインテークの重要性について論じなさい。
    インテークは、相談援助の過程において、相談援助が開始される、最も初期の段階であり、クライエントが相談機関と最初に出会う場面である。インテークでは、次の三点が行われる。①主訴の提示:クライエントが何を相談したいのかをソーシャルワーカーに伝える。②ソーシャルワーク機能の説明:ソーシャルワーカーはどのような援助ができるかをクライエントへ伝える。③契約:クライエントのもつ問題の解決を協同して行うかどうかについて確認するが行われる。ソーシャルワーカーは、クライエントが本当は何を望んでいるのかを的確に判断し援助することが重要である。
     インテークの段階で、クライエントには、二つの不安が存在する。第一の不安として、クライエント自身が持っている問題に対する不安である。例えば、家族関係や経済的な問題、自分自身の健康面等、さまざまな不安を抱かえている。これらの問題点を、自分では解決できないことを認めなければならない恥ずかしさや自分自身への情けなさを感じているかもしれない。第二の不安は、その問題を他人に話すということへの不安と恐れである。   ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。