相談援助の理論と方法 ケースカンファレンスの意義・目的について論じなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数861
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士レポート:ご参考までに。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『相談援助の理論と方法③』
    (3)ケースカンファレンスの意義・目的について論じなさい。
    ケースカンファレンスは、援助を展開する過程において、適切な支援やサービスを行っていくために、援助に関連する者が集まって行う会議のことである。本来、スーパービジョンにおけるスーパーバイザーとの個別協議、教育・指導訓練の場を意味しているが、わが国では、医療や保健、福祉の領域で「事例検討」「ケース会議」「ミーティング」「処遇検討会議」「事例研究会」などの意味で広く使用されることが多い。
     ケースカンファレンスの意義として、ケースカンファレンスの利点は、助言者と報告者のみならず、対象にかかわるチームのメンバー等の、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。