相談援助演習 他者を援助する際に、自分が心がけていることを3~5つあげて記述しなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数481
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士レポート:ご参考までに。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    他者を援助する際に、自分が心がけていることを3~5つあげて記述しなさい。(現場経験のない人は、日常の人間関係のなかで心がけていることを3~5つあげて記述して下さい。)
     
    現在、私は居宅介護支援事業所で介護支援専門員として働いており、他者を援助する際に、自分が心がけていることについて述べていきたい。
     まず1つ目として「生活の主体はクライエントである」生活は個別性の高いものであり、クライエントの過ごしてきた環境によってさまざまである。クライエントのこれまでの生活習慣や価値観によって、それぞれの人生を過ごしている。私たち援助者が、専門的な方法で行った方がより適切であると思えても、一方的に変更することは、クライエントの生きてきた人生自体を否定することになりかねない。それぞれの生活には積み重ねた思いがあり、それらを尊重し生活を支援することが求められると考える。クライエントは、援助する人の言動や動作をよく見ており、自分の生活を理解し支援している姿勢が見られれば、自然と心が開き生活にも積極的になり自立した生活を目指すが、その逆であれば援助者に心を閉ざして、自分から動こうとする行為は少なくなってし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。