体育概論Ⅰ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数291
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    安全に関する学習指導上に占める「体育」の重要性について述べよ。
    最近「一輪車に乗っていて転んで手をついたら捻挫をしてしまった。」「グラウンドでキャッチボールをしていて滑り込んでしまい擦り傷を負ってしまった。」など、学校教育の場でこのような声が聞かれる事が多い。これは実際に私が勤務している学校での話である。
    怪我一つなく学校生活を送ることが出来れば、それに越した事は無いのであるが、なかなか難しいのが現実である。しかし「安全」という、自らが必要最低限の知識や自覚を持つだけで、事故や怪我を防いだり、減少させたりする事が可能になるのではないだろうか。
    では「安全教育」とは一体どのようなものであるのかについて考察したい。それは、望ましい学習指導を展開してゆく中で、安全に身を処するための身体の支配能力や安全に関する知識と理解、安全に対するモラルの向上や情緒の安定などを目標とした上、常に念頭に置きつつ積極的に指導されなければいけない性質のものであると思われる。また「安全教育」は体育科だけにとどまらず、各教科や特別教育活動、学校行事など、学校教育活動全般で行われているものであるが、とりわけ体育の授業に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。