生徒指導・進路相談の研究(初等)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数282
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「小学校において教育相談をおこなう場合、どのような点に注意しなければならないか。いじめ・不登校のいずれかを取り上げて説明せよ。」
     「教育相談」の始まりは、アメリカにおけるカウンセリングが概念となり基盤になっていると言われている。この教育相談とは、一人ひとりの児童・生徒の教育上に起こり得るであろう諸問題について、本人や保護者、または教師などに、その望ましいあり方について助言指導することである。これは個々の持つ悩みや困難の解決の援助をしたり解決法を見出していったりし、生活に順応していけるように人格の成長への手助けをはかるものであると言える。
    一見「教育相談」=「問題や悩みを抱えた児童・生徒のみを対象」と思われがちだが、これは「全ての児童・生徒を対象」として行われるべき重要な教育活動であると考えられる。子どもたちには誰しもが必ずと言って良い程、成長の過程において様々な問題や悩みの壁が待ち受けている。それらの立ちはだかる壁を一つひとつ克服することにより成長していくものである。また、子どもたちは一人ひとりが個性的な存在であり、当然の如く、突き当たる問題も抱える悩みもそれぞれ異なって来る。教育相..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。