算数科教育法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数540
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「算数科教育の歴史(黒表紙教科書、緑紙教科書、水色表紙教科書、単元学習、現代化、ゆとり)について述べ、それらの教育内容を自分の視点で考察せよ(4枚程度)。また上記を踏まえ、2002年度完全実施の学習指導要領(算数科)の特徴について述べ、その教育内容を自分の視点で考察せよ(4枚程度)。」
    現代の算数科教育は今日に行き着くまでに、様々な変化を遂げてきた。先ず1905年に作られた第一期国定教科書「尋常小学算術書(黒表紙教科書)」の時代。この時代は「数え主義による数計算中心の内容の教科書」が作られた。このことにより当然の如く、教育内容は一元化され、日本独自の教育内容構築の意義を認めつつも、ドイツやイギリスを模範にした教育内容を設定していたと考えられる。例えば「幾何教育」は、小学校では計量の計算の一部として取り扱うだけであった。   
    また、数え主義と幾何は国家の教育制度を確立する上で推進力を担う筈のものであったが、子どもたちの発達の認識が考慮されていなかった事実もある。
     1935年に第四期「国定教科書(緑表紙教科書)が発行された。この教科書は、日本の算数教科書史において「特筆すべき斬新さ」と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。