国語科教育法・第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数374
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「やまなし」の教材研究を行うとともに、事例(p.142-170)の児童の発言を考察しなさい。
    ◎「大人の観点」からの教材研究◎
     私は主に光村教育図書株式会社編集・発行の「小学教科書ガイド光村図書版・完全準拠国語希望6年下」を参考にして教材研究をした。それは大人が編集したものであり、「十二月」については、水面に映る月が波で揺れている様子、「黒い丸い大きなもの=やまなし」だった事、それを「かにの子どもたちが『かわせみ』だと思った理由」や「『やまなし』が『かにの親子』にとってどういう意味を持つかという事」について注目している。子どもの観点とどう違うかが興味深い所である。
    ◎子どもと大人の違いで注目した所◎
     「十二月」に対する様々な感じ方を話し合う場面がテキストの事例であるが、やはり大人とは少し違った観点での発言も実際に出て来ている。
     児童①01は「かにの子どもらはもうよほど大きくなり」というところに注目している。児童①は色々論理的に考えており「五月の頃、かにの兄弟は見てることの一つ一つが初めて見るようなものばっかりで、びっくりしたり、感動したり、自然の中に起こるいろんなことを感じてると..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。