教育方法学・第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数391
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本社会子ども情報学校教師教職学習問題大学

    代表キーワード

    教育方法学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現在は情報社会さらには知識社会と呼ばれているが、その社会にあっては知識を扱う教育はきわめて重要である。基礎基本の学力と教育格差と経済格差との関連について論ぜよ。また格差問題を解決するうえで教育方法はどのようにあるべきか。
      我が国の教育は今まで様々な変遷を遂げてきた。
    児童・生徒の実態が多様化して、様々な学力や性格、学習意欲や個性の豊かさを持った子ども達が増加している。一方では施設設備が学校や教室によって多様化しており、その環境の中で最善の教育を提供し、授業を展開しなければならない。コンピューターやインターネットのように、様々な機能を持つ情報通信技術が導入されている中、一般社会では職務上の専門知識が通信回線等を介して流通しているが、教職の分野ではその意味では専門性がまだ充分に確立していないと言える。複雑な事態に対応する為に専門性を発揮し、情報通信技術の活用をするかによって、教育分野の将来も決定されるといってもよい。
    つまり「情報通信技術を教育に普及させることが目的」ではなく、「普及した結果として教育に有意義なものを生み出すことが出来るかどうか」である。
     しかし、現在の社会にも基礎的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。