教育方法学・第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数274
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならび
    に評価についての留意点を述べよ。
     我が国の教育は、小学校から大学に至るまで大きな変革の時期を迎えている。また児童や生徒の個々が多様化して、学力・性格・学習意欲の面で色々なパターンを持つ子ども達が増加している。もう一方で施設や設備が学校、あるいは教室により多様化しており、環境に応じ最善の教育を提供し授業を展開せねばならない。パソコン・インターネットの様に、沢山の情報通信技術が導入されている中、一般社会では職務上の専門知識が通信回線等を介して網羅する中、教職の分野においては、その専門性がまだ充分に確立されていない状態である。この複雑な実態に対応する為に専門性を発揮し、情報通信技術をいかに活用するかによって、教育の分野の将来も決定されると思われる。つまり、情報通信技術を教育に普及させることが目的ではなく、普及した結果が教育に有意義なものを生み出すことが出来るかに視点が置かれる。
     従来の経済発展重視の教育政策から、子ども重視の教育政策へ転換..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。