教育相談の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数287
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。
     カウンセリングとは、心の問題や悩みなどの相談を専門とする分野である。この分野においては、実際、それ程昔の事ではなく、現在より45年位前に成立し、発展してきた。中でも「新しい学校カウンセリングとは、どういうことであるか」を考察したい。
     学校カウンセリングとは単に「学校で行われるカウンセリング」よりもっと深い所にあり、今までのカウンセリングの枠を越えた新しい世界が広がっている。新しい学校カウンセリングという世界を切り開いて発展させた発端となったのは、1995年(平成7年)からスタートした文部省の「スクールカウンセラー活用調査研究委託事業」である。この事業により、学校カウンセラーは誰がどういう手段で行うのかという視点から、2つのカウンセリングに分けられたのである。1つ目は教師が行う「教師カウンセリング」であり、2つ目はスクールカウンセラーが行う「スクールカウンセリング」である。
     まず「教師カウンセラー」について述べたいと思う。定義として長坂正文氏は「教師カウンセラーは、ある程度の研修を受け、その専門性を意識しており、実..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。