教育社会学・第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数293
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学力低下とは何かを明らかにし、社会階層のような社会的不平等と学力がどのような関わりをもつのかについて述べよ。」
    近年、子どもの学力が低下していると言われている。学力低下自体は昔から問題にされてきたことであって、目新しいものではないとされる。実際、ここ数年の傾向として、大学入学試験で数学を経験していない学生の多くは中学生程度の数学力しかないとか、中には分数や小数などの算数レベルも危うい学生もいるという。そんな中、完全学校週5日制の導入と「ゆとり教育」の完成型ともいえる新しい学習指導要領が実施され、学力低下を心配する声はさらに高まっている。しかし、もしかしたら、使わないために「忘れて」いるだけで、少し復習をすれば当然のように解けるのではないか。また問題が解けなければ学力が低いということになるのだろうか。
    そもそも「学力」とは、学校などにおける、系統的な教育を通じて獲得した能力であり、それを知識として身につけた上で応用し、新しいものを創造する力のことである。これは、テストでどの位の結果が出せるかなど、成果としての学力であり、もう一つは学習すること、いわゆる「学ぶ力」としての学力である。
    か..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。