教育社会学・第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数390
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて考察せよ。」
     「学歴社会」とは「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」である。いつの時代、どの国においても、教育の充実は最重要課題であるが、この「学歴社会」という言葉は、教育を重視する社会という意味だけではなく、それ以上のものを多く含んでいると考えられる。学歴社会自体は先進国、発展途上国を問わず普遍的に在存しているが、その実情は各国で差異が見られる。我が国における「学歴社
    会」とは、どのようなものだろうか。様々な角度から見てみることとする。
     まず、学歴社会の成り立ちはどのようであったのであろうか。現在の日本の学歴社会というシステムが生まれたのは、明治維新が起こった頃の大改革の時代である。それまでの日本は士農工商という封建制度下の身分社会であった。子どもは自分の生まれ持った身分によって、進路や職業が決定されたのである。士族の子どもは藩校へ行き、支配階級に着くにあたって必要な教養などを学び、町人や農民の子どもは寺子屋へ行って、「読み、書き、そろばん」などの実用..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。