学校教育職入門

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数298
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「教師に求められる資質とは何か」
     昔も今も変わらずに、教師に求められることは何か。多くの資質を求められる教師という職では挙げれば限がないが、私は「子どもを愛する気持ち」が一番必要かつ大切なことと考える。一見、簡単そうで、単純のようだが、それだけに重要性も大きいことなのである。
     これは、ただ「優しい言葉でかわいがる」だけではいけない。「子どもの成長に協力したい」「子どもを守りたい」といった思いで、子どもたちの声に耳を傾け、一緒に過ごす時間を持つことが、子どもの理解に繋がっていくのではなかろうか。
    教師という職業は常に子どもとの関わり合いによって成り立っているものである。授業や部活動、生徒指導や生徒理解などは「子どものことが好きだ」「子どもの事が大切だ」という気持ちが前提としてあるからできるのであって、子どものことをどうでもいいと思うような教師には、到底成しえないことである。たとえ出来たとしても、よりよい教育はそこには存在しないのである。高い学歴を持ち、どんなに専門性に優れていても、子どもの存在を大切に出来なければ、本当に指導したとはいえないと私は思う。教師が子どもを愛することによって..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。