学校教育課程論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数427
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育課程とは何かについて、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめなさい。
      文部省は昭和22年(1947年)の3月に戦後民主主義が日本に定着するよう、初の学習指導要領を制定した。当時、正式名は「学習指導要領・一般編(試案)」となっていた。これは児童と社会の要求とに応じて生まれた教科過程をどのように生かすかを教師自身が自分で研究すべく手引きとして書かれたものであった。所謂この時点では学習指導要領によって画一的な教育が意図されたのではなく、単なる「手引書」として扱われていた。
     教育課程の上でも「それぞれの学校で、その地域の社会生活に即して教育の目標を吟味し、その地域の児童青年の生活を考えて、これを定めるべきものである」と述べられているが、一定の基準は設けられていた。小学校の教育課程は国語・社会・算数・理科・音楽・図画工作・家庭・体育・自由研究の9教科とされていたが、着目するのは社会科・家庭・自由研究が新設されたことである。特に「社会科」に関しては、修身・歴史・地理が量的に単一化されただけではなく、民主主義的な社会形成の為の良識や性格を各自が身につける様に設けられた。また「家庭科」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。