仏教大学 社会保障論 第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数129
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    判定B

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目コード : V0502 科目名 : 社会保障論 第 2 設題
    学籍番号 : 氏名 :
    (1)
    V0502 社 会保 障論
    第 2 設題
    日 本の医 療保 険制度 につい て説明 せよ。
    医 療保障 制度 を大き く分け ると、 国 の負 担で 国民に 必要な保 健と医 療
    を サービ スす る「保 健医療 サービ ス方式 」と 、 個人 の加入者 が必要 な医
    療 を費用 負担 する「 医療保 険方式 」に分 けら れる。 日本 にお いては 医療
    保 険方式 を中 心とし て老人 保健や 公費負 担医 療など の保健医 療サー ビス
    方 式の制 度も 採用し ている 。
    そもそも医療保障 の目的 は、国 民が健 康で 文化的 な最低限 度の生 活を
    営む為に 病気 や傷病 や出産 など医 療を必 要と する時 に必要な 医療サ ービ
    ス を受け る機 会を平 等に保 障す る ことで ある 。全て の国民が 疾病と いう
    不 確実な 事故 に備え て、個 人 一人ではそ の損 失を負 担できな い危険 につ
    い て集団 で平 均化し ようと する社 会的シ ステ ム..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。