精神障害者の生活支援システム 合格判定

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数43
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    テーマ:精神障害者が就業する場合に留意すべき点について、障害特性との関連において述べなさい。
    精神保健福祉士短期養成の課題レポートです。約1,200字です。
    参考文献から引用している文章も少しあります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神保健福祉士養成講座レポート 「精神障害者の生活支援システム」
    テーマ:精神障害者が就業する場合に留意すべき点について、障害特性との関連において
    述べなさい。
    平成 29 年の障害者雇用状況は、身体障害者が約 33.3 万人(対前年比 1.8%増)、知的障害
    者が約 11.2 万人(同 7.2%増)、精神障害者は約 5.0 万人(同 19.1%増)と伸び率は大きいが、
    まだまだ精神障害者の雇用状況は低い。全国で精神障害者(20 歳以上)は約 365 万人だが、就
    労しているのはその 1%にも満たない人数である。その中には、精神障害者の雇用に関して、
    職場の上司や同僚が障害特性を理解できるかといった課題や、精神障害の人は会社をすぐ
    に休んだり、短期間で辞めてしまう人が多いなどの懸念が指摘されている。そのような中
    で、働く意欲のある精神障害者が就業する場合、留意すべき点とはどのようなものなのか。
    精神疾患から起こりやすい症状として「注意力・記憶力・思考の柔軟性が低下」「 表情や
    身のこなしが硬くなる」という症状がみられる。これらの症状により「一度に二つ以上の
    事が出来ない」「手順を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。