精神疾患とその治療 合格判定

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数41
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    テーマ:「統合失調症」の患者について、その疾患の特徴、治療、家族の関わり方について。
    精神保健福祉士短期養成の課題レポートです。約1,200字です。
    参考文献から引用している文章も少しあります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神保健福祉士養成講座レポート 「精神疾患とその治療」
    テーマ:「統合失調症」の患者について、その疾患の特徴、治療、家族の関わり方について。
    統合失調症は、主に思春期から青年期にかけて発症し、慢性に進行する精神疾患である。
    およそ 100 人に 1 人の割合で発症するといわれており、決してめずらしい疾患ではない。
    原因ははっきりとわかっておらず、心理社会的なストレスや脳内の何らかの機能異常など
    が関連しあっていると考えられている。
    統合失調症では、陽性症状といって、存在しないものがみえる、聞こえるといった幻覚
    や、事実と異なることを信じる、考えがまとまらず会話が成り立たないといった症状が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。