日大通教 国際経済論 分冊2

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数50
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通教 国際経済論 分冊2
    平成29・30年度報告課題合格リポートです。
    【課題】2 金本位制およびブレトンウッズ体制の特徴を踏まえて~
    【参考文献】日本大学 通信教育教材「国際経済論」
     (編著者)加藤義喜、南雅一郎、陸亦群 
     (発行所)日本大学通信教育部(出版年)2016年6月15日
    【評価】 課題の要求に沿った形に構成されており、内容も必要な点はほぼ押さえられています。自身の考えもそれとわかる表現となっており、明確です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    金 本 位 制 は 第 一 次 大 戦 前 に 主 要 先 進 国 で 広
    く 採 用 さ れ て き た 通 貨 制 度 で あ る 。 金 本 位 制
    で は 、 各 国 が 通 貨 単 位 を 金 に 対 し て 固 定 す る
    形 で 取 引 が さ れ て き た 。
    第 一 次 大 戦 が 開 始 す る ま で は 、 こ の 制 度 で
    安 定 し て い た が 、 労 働 力 低 下 、 物 資 不 足 な ど
    も あ り 、 混 乱 の 中 で 多 く の 国 が 大 戦 中 に 金 本
    位 制 か ら 離 脱 し た 。 大 戦 後 、 金 本 位 制 へ の 復
    帰 の 試 み が な さ れ た が 、 う ま く い か な か っ た 。
    金 本 位 制 は 固 定 為 替 相 場 制 度 で あ り 、 金 本 位
    制 度 の 下 で は 外 国 為 替 相 場 の 安 定 が 見 ら れ た 。
    し か し 、 そ の 安 定 は 国 内 に お け る 物 価 や 国 民
    所 得 の 大 き な 変 動 を 伴 っ た 。 各 国 に お い て..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。