【東北福祉大】保健医療サービス論 1単位目 2018年4月=良

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数272
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2018年に提出した東北福祉大・通信教育部のレポートで、評価は良でした。 学習の一助になればとおもいますが、万が一、全部コピーで提出等の行為によるカンニング扱い等については、当方は一切関知しませんし責任も負いません。自己判断と自己責任でお願いします

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    - 1 -
    「保健医療サービスにおける多職種との連携において、MSW の専門性はどのように発揮
    されるべきか述べなさい。」
    医療ソーシャルワーカー(以下、MSWと略す)の行う業務の特徴としては、以下のもの
    が挙げられる。
    ① クライエントが疾病や、何らかの要因において健康問題を抱えているため、現在の
    病気による体調不良や、今後の回復の見込み、また医療費や就労の継続に対する不安とい
    った、心理面のみならず経済的、社会的な面においても不安定な状態にある。よってMS
    Wは、傷病や受診受療行動の性質を把握し、それらが心理社会的側面に及ぼす影響につい
    て把握する必要があるという特徴がある。
    ② 医療とソーシャルワークは、クライエントの利益を第一義とするという面では一致
    しているが、医療専門職が専門性を発揮するのは病気の治療であり、診断・治療、そして
    ケアを通じて機能的回復を目指す部分にあり、MSWは先述の心理社会的側面のケアを目
    的としたアプローチを行っているため、クライエントの支援には医師や看護師などの医療
    専門職との連携と協同が欠かせないという特徴がある。
    ③ MSWの特徴として、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。