[PB3030]初等音楽科教育法 1単位目2単位目セット

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数37
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2018年に合格したものです。

    ぜひ参考にどうぞ(^ ^)

    1単位目2単位目このサイト最安値でどうぞ!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    [PB3030]初等音楽科教育法 1 単位目
    [課題]「歌唱共通教材」とはどのようなものか。⑴定義、⑵指導計画に組み込む
    ときの注意点、以上二点をまとめて述べよ。また、P.36の表を写し、曲名をかき
    入れること。
    「歌唱共通教材」の定義と、「歌唱共通教材」を指導計画に組み込むときの注
    意点を以下より述べる。
    まず、「歌唱共通教材」の定義を述べる。現行の小学校学習指導要領の第 2 章
    第 6 節音楽では、「共通教材」が指定されている。これは「教材として扱うべき
    特定の楽曲名」を指す。
    昭和 33(1958)年版学習指導要領にて初めて指定された「共通教材」は、当初、
    「歌唱共通教材」と「鑑賞共通教材」とに区別され、3~4 曲の楽曲名が、指導計
    画に組み込んで歌い聴くべき教材曲として、具体的に明示されていた。しかし、
    これらの「共通教材」の指定に対しては反対の声もあり、現行の学習指導要領(平
    成 10 年版)においては、小学校の「鑑賞共通教材」と中学校の「歌唱・鑑賞共通
    教材」の指定がなくなり、小学校の「歌唱共通教材」のみが残っている状態で
    ある。
    「歌唱共通教材」の特徴についてで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。