教育心理学 1単位目2単位目セット

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数82
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2018年に合格したものです。

    ぜひ参考にどうぞ(^ ^)

    1単位目2単位目このサイト最安値でどうぞ!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    [PA2030]教育心理学 1 単位目
    子どもの思考の発達について、ピアジェの発達論に基づき説明する。
    ピアジェは認知発達を大きく 4 つの時期に区分したとされる。感覚-運動期
    (0~2 歳)、前操作期(2~7 歳)、具体的操作期(7~11 歳)、形式的操作期(11、
    12 歳~)としている。この時期区分というのは、ピアジェが「操作」(operation)
    という概念によって認知の発達過程を捉えたものである。このピアジェの考え
    る「操作」というのは、「行為が表象として内化されたもの」として定義してい
    る。つまりピアジェは、子どもによる行為が頭の中のイメージとして内化される
    表象(representation)の段階からなる操作によって、認知発達の時期を区分した
    ということだ。以下の文章において、それぞれの発達段階の思考の特性につい
    て説明していく。
    感覚-運動期、つまり誕生から 2 年以下の子どもというのは、基本的に思考活
    動なしに運動行為を行なっている。思考活動なしにということは、ピアジェが
    定義化した「操作」の段階に達していないと考えるべきである。0~1 歳頃の子ど
    もは物の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。