S8101 教育原論1(第1設題)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数80
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    S8101(教育原論1)のレポートで、A評価をいただいたものです。
    全て指定教科書「教育学の基礎」を参照しております。

    第1設題「ソクラテスの教育観に注意して彼の教育学的意義について述べよ。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S8101 教育原論 1 第 1 設題
    (1)
    ソ クラテ スの 教育観 に注意 して彼 の教育 学的 意義に ついて述 べよ。
    「 教 育 と は 、炎を 燃えあ がらせ るこ とであ って、 入れ物を 満たす こと
    で はない 。( Education is the kindling of a flame, not the filling of a
    vessel.)」。こ れは 、ソ クラテ スが残 した 言葉で ある 。この 言葉の 意味 に
    つ いて考 察し ていく 。
    ま ず 、 ソ ク ラテス の生い 立ちに ついて 簡単 に述べ る。彼は 、紀元 前 5
    世 紀にギ リシ アのポ リス( 都市国 家) である アテナ イに生ま れた。 アテ
    ナ イはギ リシ ア最大 のポリ スであ る。 若い頃 は自然 研究に没 頭し、 また
    戦 争に従 軍も した。そ の後、40 歳 頃から、自然研 究を やめ、啓蒙活 動に
    勤 しむよ うに なる。 彼を慕 い、プ ラト ンら多 数の若 者が集ま り支持 を得
    た のであ る。 だが、 これを 快く思 わな いアテ ナイ人 ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。